Translate:

[絵の指導を神戸でやっとります]参加者さんと講師のベストマッチングについて

私どもの漫画イラスト教室に関わらず、何か習い事・スクールに通いたいなと思った時に気になるのが、「どんな感じなのか」という雰囲気・講師との相性ではないかなと思います。

私は今まで、教室運営・指導を行なってきた中で、具体的・理論的「誰にでも伝わる」を強みにしています。
実際に横で描きながら、ここはこう考えると分かり易いよと説明しています。

絵を描く=感覚・感性と思われがちですが、それだけだと伝わらないです。

「描く能力」と「指導・伝える能力」は違います。

(何をどう描けば良いのかわからなくて、悩んでいる人に
「とにかく描かなきゃ説明のしようがないわ」と悪意なく言っちゃう天才系が先生のケースもありますからな。)

そういう意味で、「初歩から学びたい」「まだ小学生です」「基本からの指導を望んでいる」という方には、ベストマッチングだと思います。

対照的に、

「もうプロとして活躍していて、さらに学びたい」「漫画賞をいくつも受賞してます。さらに上の賞を取れるように指導してください」という方は、私よりも適した方がいらっしゃると思うので、そちらにお願いされた方が良いかと思います。
うちはゆったりしているので、「現場の現実は〜」とか「このくらい量産できないでどうするの!」などと発破かけたりできません。)

何事も、マッチングは大事ですね。

(大阪・神戸・姫路と関西の阪神地域で運営してます。実際にご自身とマッチングするか試したい方は下記「体験画像」からどうぞ〜☆)

体験受講お申し込み↓

 

 

 

 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする