Translate:

[ちょいと復活]今回からしばらくは大会議室です

こんにちは〜。

ブログも、メルマガも
ツイッターも

すっかり発信系を
静まり返らせている
私ですが
みなさまお元気でしょうか。

完全に
教室がここのところ
まるで「水面下状態」でしたが
お陰様で
常設教室は毎回滞りなく
開催しています。
(ご参加ありがとう!)

 

さてさて
ここまで静まり返って
いたのには
私自身の指針の
立て直しというか
掘り起こしが必要に
なっていたからなのですね。

なんとなく
違和感があるなあと
今年の初夏以降
感じていたのですが
最近どうもなんだか
(感覚として)
苦しくて仕方ない
状況が続き。
そのうち麻痺してきたらしく
何が苦しいのかすら
まるで分からない羽目に。

ただ、
底の抜けたバケツで
水を汲もうとしているような
力のかからなさ。

???

「夏バテか?」
「これが老化ってやつか?」
と、それくらいしか
思い当ることもなく。

しかし
結論から申せば
確かに今年も
夏は暑かったし
私はエエ歳ですけれども

そこじゃなかった。

絵美やとは
直接関わりない
部分なので
具体的な事柄は伏せますが

大きな事件も
事故も
トラブルもなく。

ただ
うっすらと
自分が思ってることを
自分で無視した場合。

それは簡単に無視できて
本人が忘れているほど
些細なことだから、
表面的には何も
起こっていないように
思うのですが、

その無視しているところから
じわじわじわじわ
穴が空くように
気付いた時には
「底抜けバケツ」に
なっていたのでした。

「頭とハートが望むことは
別だった」
そのことに気づかずに
ブレていったので
とりあえず
今すぐ叶わないことでも
「無視しないで選択肢に
入れておく」
「無視しないで
ハートよりの行動を
ちょこっとでも加えておく」

↑これが必要な
ことだった〜!!と
分かりました。

それに気付いただけで
感覚が戻ってきました。
回復しました。

もしも
今回の私のように
「底抜けバケツ状態」に
なっている方居ましたら
一度、
紙にわんさか書き出して
引っかかるものを
「なんで?」
「それは?」
「どうして?」
と、ちっちゃい子供と
話すように
きっちり聞いてあげることを
お勧めします。

いやあ、
長かったです。

さあて
今回のイラストは
姫路教室の
参加者さんより↓
「キ●ンディキ●ンディ」
ですね。(ありがとう!)
私の歳ですら
リアルタイムでは
観てないのに
なぜJCが詳しく
ご存知なのか!?

名作は時代を超えるのですな!

体験受講お申し込み↓

 

 

 

 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする